img_01

グループウェアを導入するなら設備共有機能をチェック

仕事をするときには、多くの人で仕事をすることがあります。


大きな会社に勤めている場合には、大人数で仕事をする大変さを実感することになるでしょう。とくに大変なのが、社内での情報の共有です。複数の部署で会社を運営するときには、部署が違うところとデータや情報を共有しなければいけないこともあるからです。



この情報の共有を効率的にするものがグループウェアと呼ばれるものです。


グループウェアとは、社内のデータなどを共有することによって業務を効率化することを目的に作られたものです。

これには、さまざまな機能がついているので導入をする前にチェックするといいでしょう。

教えてgoo関連情報サイトです。

チェックしておきたい機能の一つとして、設備共有とよばれるものがあります。

これは、社内で共有して使う部屋や設備を使う順番などを決めておくものです。



特に使うことが多いのが会議室です。
複数の部署がある場合には、どの部署がどの会議室を使っているかを把握しなければいけません。

これを効率的に把握するためのものがグループウェアの設備共有機能というものです。この機能を使うことで、使う設備の名称や使う人や使う日付を社内で共有することができます。
日付が表示されており、確認したい日付をクリックすることによってその日付で予約をしている設備を見ることができます。

社内で使う設備を共有することによって、設備を使う時間帯や日付が重なるといったトラブルを回避することができるのです。