img_01

グループウェアの内容とは

グループウェアとは、会社等の組織で構築されたコンピュータネットワークを利用している、情報共有のシステムの事を指しています。そのネットワークに接続しているコンピュータ同士であれば、共通の情報を送信したり確認したりと言った行為が可能になっています。

Weblio辞書の専門技術を身につけましょう。

これまでは直接相手のもとに出向いて伝えなければならなかったことや、複数人に対して連絡すべき事項が、グループウェアによってとても簡略化されました。



メールや掲示板を通して、自分が向かわずとも相手に情報を届ける事が可能になったのです。

共有できるのは先述したメールや掲示板による伝達の他、スケジュールや資料も該当します。
グループウェア上に資料をアップロードしておいて、その旨を必要とするメンバーに伝えておけば、各自で取得し、必要があれば編集や印刷などもできるという訳です。また社内の会議室の予約システムという物もあります。

グループウェア情報を調べるならこのサイトです。

会議室を予約したい場合は、そのシステムにアクセスして空室状況を確認し、申しこむという方法を使う事で、担当部署まで出向く必要もありません。また予約を取る事が出来たか否かについても、利用者がこの状況システムを確認するか、メールなどで伝達するだけで済んでしまいます。


これらのシステムは、企業全体ではなく、一定の部署のメンバーだけが利用する事も可能です。

これによって企業秘密である重要な情報を、不用意に他人に漏らすことがなくなり、セキュリティ面でも安全なのです。